アメリカ ペット産業の市場規模

 APPA(American Pet Products Association)が発表している米国ペット産業市場規模と所有者の統計より、米国のペット市場を読み解きます。

 この市場には成長の鈍化は見られず、まだまだ成長すると言われ、2020年には10兆円を超えることが予測されてます。


米国のペット市場の特性

 アメリカで犬や猫を飼うには、ペットショップへ行っても購入できません。

 熱帯魚や小動物はペットショップで購入できますが、犬や猫はお金を出しても購入することができません。

 ではどこへ行けば犬や猫を飼う事ができるのか?

 それは、ShelterやNon profit rescueなどボランティアや寄付により運営されている動物保護施設で、養子縁組を実施しなければ飼う事ができません。

 アメリカの都市では市法により(2015年には60都市を超える)ペットショップでも犬や猫の動物を販売する事を禁止して、ShelterやNon profit rescueの犬や猫でなければならないという法律があります。

 ペットはどちらかというと人間に近い扱いをされているため、人間社会で生活できるよう訓練もされてます。

 そのため、アメリカのペット産業の市場規模には、生き物を売り買いする生体販売の数値は入っておりません。

 アメリカのペット産業の市場規模は約7兆円、日本は約1.5兆円と言われておりますが、アメリカの数値には生体販売が入っていない数値のため、日本と比較して大きな差のある市場と言えます。

 日本国内の家電やアパレルや食品など含めた全EC市場(カタログ、テレビ、ラジオ通販含む)は10兆円規模であることから、アメリカペット市場規模の大きさが数値より覗えます。


アメリカペット産業支出総計

 Total U.S. Pet Industry Expenditures

 Year   Billions of dollars 

 2017   $69.36 Estimated

 2016   $66.75 Actual

 2015   $60.28

 2014   $58.04

 2013   $55.72

 2012   $53.33

 2011   $50.96

 2010   $48.35

 2009   $45.53

 2008   $43.2

 2007   $41.2

 2006   $38.5

 2005   $36.3

 2004   $34.4

 2003   $32.4

 2002   $29.6

 2001   $28.5

 1998   $23

 1996   $21

 1994   $17  

 [引用:APPA http://www.americanpetproducts.org/press_industrytrends.asp]

 こちらの数値を1ドル105円 で換算したグラフは以下の通りです。

この2017年の内訳は

Food(ペットフード)                           $29.69 billion

Supplies/OTC Medicine(サプリ、薬)  $14.93 billion

Vet Care(獣医治療診療)       $16.62 billion

Live animal purchases(ペット購入)  $2.01 billion

Other Services(その他サービス)     $6.11 billion 


所有世帯数の内訳は

Bird                       7.9millions

Cat                      47.1millions

Dog                     60.2millions

Horse                    2.6millions

Freshwater Fish   12.5millions

Saltwater Fish        2.5millions

Reptile                   4.7millions

Small Animal          6.7millions

[引用:APPA http://www.americanpetproducts.org/press_industrytrends.asp]


所有頭数の内訳は

Bird             20.3millions

Cat                       94.2millions

Dog                      89.7millions

Horse                     7.6millions

Freshwater Fish   139.3millions

Saltwater Fish        18.8millions

Reptile                     9.4millions

Small Animal         14.0millions

[引用:APPA http://www.americanpetproducts.org/press_industrytrends.asp]


 平均するとアメリカでは、犬は1世帯あたり1.5頭、猫は1世帯あたり2.0頭を飼っている事になります。

 馬は1世帯あたり約3頭飼われているというところがアメリカらしいところです。

 

 犬や猫に年間かけている費用の内訳は、以下の通りです。

             Dogs  Cats

Surgical Vet Visits     $474  $245

Routine Vet        $257  $182

Food           $235  $235

Food Treats         $72       $56

Kennel Boarding                    $322     $164

Vitamins                                  $58       $46

Groomer/Grooming Aids         $84        $30

Toys                                        $47        $30  

[引用:APPA http://www.americanpetproducts.org/press_industrytrends.asp]


アメリカペット市場参入へ向けて

 アメリカのペット市場は規模が大きいだけではなく、犬や猫は人に近い扱いをされております。

 アメリカでは、特に我が子のようにペットを扱う人を、ペットペアレンティングと呼びます。

 このペットペアレンティングと呼ばれる人たちは、我が子にお金を使うようにペットにお金をかけます。より良い商品を、より安全な商品を、より高い商品を好みます。


 このような人たちへ向けて、人間用の商品をペット用に改良することで、この市場に参入することも考えられます。

 大事なペットだからこそ、ペットに配慮された商品は売れます。

 日本人ならではの、きめ細やかな安全性や使いやすさに拘られた商品は、参入できる可能性が高いものと思われます。

 

 低価格のみ追い求める市場ではないため、このアメリカペット市場に合わせた商品を作り出し、異分野から市場参入をする方法も、日本企業のアメリカ進出のひとつの方法と言えます。

M-Cross International Corporation Column

米国トーランス市に拠点を置くMCICが、米国進出のノウハウや独自の市場分析をコラム形式にて情報を掲載

0コメント

  • 1000 / 1000